【B毒の汚染】 第八章~隠された古文書~ その4

それから私は、自分が該当するマイノリティの自助グループに参加しようと決心しました。2009年の4月に肉付きの面を取り外せたあたりにも、「強迫性障害の患者会や不登校・引きこもり当事者のフリースペースやいじめ被害者の集会に足を運ぼうかな」と腹案に入れたことがありました。しかし、高校時代の青春を手に入れられなかったことや、高校を卒業した後にも、社会のメインストリームに乗れていないことを赤の他人にさらけ出すのはまだ恥ずかしく、さらに、社会的にネガティブなイメージの当事者団体に在籍するのも恥ずかしいことだと感じて、案をすぐに打ち消してしまっていました。
ところが、森田療法を知り、心の動き方のパターンを勉強する内に、自分のとってきた行動がすべて正常な心理の成分の総括であったことに気がついたのです。他の同年代の誰でも、生まれてから私と同じ境遇を辿れば、同じ心理を起こし、同じ行動をとるものだ、と思えるようになったのです。「学校時代の不幸があまりに重ければ、誰でも引きこもるものだ」と開き直れるようになり、強がりを一段と薄めることができたのです。「自分が持つ心理は、他人にもあり、他人の持つ心理は、自分にもある」ということを知ることは、森田療法の重要な学びとして文献中で幾度も触れられていることでした。森田先生は、昭和初期の当時にも「形外会」という神経質症経験者同士が自分の症状を告白しあう懇話会を作られたのだそうです。

『【差別観のとらわれから脱する】
神経質症状に悩む人の多くは、自分ほど苦しいものはない、こんな症状を持っている者はほかにあるまいと思い込んでいる。だから、他人の症状を聞いてもいっこうに同情しない。赤面恐怖症の人は不潔恐怖の人をおかしがり、不潔恐怖の人は不眠症ぐらいなんでもないのにと思う。(中略)入院中の患者たちははじめのうち自己中心的になっていて、自分だけが特別だと思う気持ちが強いので、いっそう自分を惨めに感じ、他人に対して同情することも少ないのである。(中略)私がウサギの箱を掃除しているのを見たある患者が、日誌に「先生は汚いことを平気でやられる」と書いていたが、私は平気ではなくイヤイヤながらやったのである、冬の寒い日、病院の前の妙正寺川で染物屋さんが、布をさらしているのを見た一人の患者が、「あの人たちは寒いのに平気で水仕事をしている。自分にはとてもできない」と日誌に書いてあった。このように自分に辛い事は人にもつらいということがわからないので、同情心も湧かないのである、正常人は「あの人たちは職業とはいいながら、つらい水仕事をしている。感心なものだ」と思う。
人は平気で大勢の人の前で話をするが、自分はあがってしまう、人は楽に勉強しているが、自分は苦しい。人はいつもいい気分でいるが自分はふさぎやすいなど、自分だけが特別だという考え方をすることを、「差別観にとらわれる」というのである。こうなるといっそう劣等感が強くなる、だから他の患者がなおるのを見ても、あれは軽いからなおるので、自分のは違うと思い、他人のことを参考にしようとしない。症状が変わっていても根本は同じだということにも気がつきにくいのである。』1

初めて参加した引きこもりの人向けフリースペースは、ある地方都市の公民館の一室に開かれていました。私はその2、3日前に、都心部の防犯ショップまで出かけて、ちょっと大きい変なペン型の催涙スプレー二本を購入しました。他人と数時間同じ空間に過ごすイベントにおいて、参加者の誰かが何かの拍子に、私の身体の一部分を面白がってしつこく触りたい気分になる可能性についての想定が、その時点では0%ではなかったのです。しかし、会場に着いてほどなく、私は、袖に仕込んだ暗器のことは忘れてしまいました。
会場は中央に大きな卓がある大きな和室で、私はイベントが始まる定刻に入室して、最初の集まりは数人でしたが、定刻を過ぎてからも、周囲の空気が実体化するように、しれっと人が増えてゆき、後には、中学生から中年の方まで、20人近くの集まりとなり、まるで公民館の休憩室に過ごしているようでした。他の来場者の方との話題は尽きることがありませんでした、学校時代の同級生を見返すとか、手っ取り早く就職したことにするために、小説や漫画やRPGなどの創作活動に取り組んだことや、両親との仲がギクシャクしていることや、深夜に外を歩き回る習慣のことや、2ちゃんまとめサイトで権力者が失敗するのを見るのが楽しいことや、ポケットマネーが減るのが惜しくて、新しいゲームを買えずに、お気に入りのレトロゲームをやりこんでいることなど、参加者の誰とでも、大なり小なり共通の経験があることが多く、それにみんな、人が話している時には話し終えるまで待ってくれていて、テンポよくノリ良くテンションを上げて笑いながらしゃべることを、お互いに誰も求めていませんでした。また、引きこもり期間中に強迫性障害にかかった経験のことを、私以外に複数の人が打ち明けてくれました。私は、
「曝露反応妨害法って響きがかっこいいですよね。なんか、錬金術の技法みたい」
と言いました。

同じ悩みを持つ他者と体験を打ち明けあうことは、単に嬉しいとか、勉強になったとか、安心できるといった言葉の表現によらない、なにか大きな力で、善導を与えてくれるもののようでした。
どこかの自助グループに参加して新たな知り合いを作ると、その後しばらくの期間、なぜか物理的な意味で強迫観念にはとらわれにくくなったのです。経験則によると、参加してから約二週間の間、脳裏には、「こないだの会合で、自分の言ったあのギャグは、もっとこうすれば面白かったんじゃないかな」とか、「このTV番組やインターネットの情報は、あの人が興味を持ちそうな内容だな」といった、対外関係に向かった思索が漂っていて、視界の中のBに関するものとそうでないものを色分けする心を置き去りにしやすくできるし、皮膚に新たにケチがついても、そのことから意識を離す時間を短くできるようでした。
自助グループで作った仲間があったればこそ、私は嫌なオブジェクトを色分けする強迫観念や、皮膚にケチがつくことへの恐れや、すでに定着してしまった伝播毒を克服できたと思います。

次の記事{第八章~隠された古文書~その5}へ進む→

最終章 ~螺旋の路地~

〈最終章 ~螺旋の路地~〉

私はようやく全ての枷を取りはずすことができました。本家毒も、伝播毒も、肉付きの面も、周囲のオブジェクトに憑依した侮辱の記憶も、不眠恐怖も、騒音恐怖も、一人ぼっちの孤独感も、読書習慣についてのみじめさのイメージも、精神医療に対する極端なマイナスイメージも、全てはおぼろげに思い出される夢となり果てたのです。
睡眠導入剤の減薬が進んでいく間に、私は長谷部先生にある疑問を問いただしました。
「先生、Bにしつこく触れられた部分に不快感が生じたという現象は、強迫性障害に含まれるのですか?」
初診時の長谷部先生の見立てではそのように取れる説明であったし、実際、本家毒は強迫性障害の治療法である曝露反応妨害法によって快方にむかった訳でしたが、強迫性障害という病への見聞を広めるほど、本家毒はその範疇から浮いている、と感じたのでした。
「ああ、確かにあの時はわかりやすくそう言いましたが、その症状は強迫性障害とはちょっと違いますね。」
「では、なんという病名がつくのですか?」
「えーそうですね、身体表現性障害・・・・・・と言ったらいいのか・・・。転換症状・・・とも違うし・・・、幻触ではないし・・・・。病名と言われると、ちょっとわからないです」

【身体表現性障害】:医学的に説明できる器質的な異常が見当たらないにもかかわらず、患者が身体関連の執拗な訴えをする状態像を総称した症候群名。

【転換症状】:無意識領域下に抑圧されたストレスや葛藤が、知覚あるいは随意運動系の身体症状に変換された反応である。その症状は一般身体疾患によっては十分に説明できない。現在では疾患単位ではなく、転換反応といった反応の仕方としてみることが主である。複雑多彩な身体症状を示し、症状の発生や悪化には、ストレスや葛藤といった心理的要因が必ず絡んでおり、症状は意図的に作り出されていないということが特徴である。患者は症状の発生がまず葛藤の解決法(一次疾病利得)となり、また症状を武器にして周囲を動かす二次的疾病利得の特徴をみることが多い。転換反応はヒステリー反応の一つとして分類される。ヒステリー反応には転換反応のほかに精神症状に変換される反応(解離反応)がある。これらは別個に発現することが多いが、合併することもある。

【転換性障害の症状】四肢の運動麻痺、失立、失歩、失声、嚥下困難、書字困難、痙攣、後弓反張異常運動(舞踏病あるいはアテトーデ様感覚障害ヒステリー盲、ヒステリー聾、視野狭窄、難聴、卵巣痛、乳房痛、限局性頭痛・腰痛、下肢痛、痛覚・触覚・味覚・臭覚の脱失あるいは過敏、ヒステリー球その他1

【幻触】:幻視、幻聴、幻臭、幻味と並ぶ幻覚症状の一種

「身体表現性障害には伝播毒のことも含まれることになるんですか?」
「ええ、そう言っていいと思います」
「転換症状の説明は適合しているかもと思ったんですが、違うんですか?」
「はい・・・。転換症状というと、患者さんに悩みが原因で身体的症状が起こってると説明すると、納得してもらえて苦痛はなくなっていくことが多いんですよ。心の底に病気になって同情してもらいたいという心理があるんだと思います。立瀬さんのように、自分で原因がわかってて症状が四年続いた、というのはあまり聞かないですね」
「ではどうして、先生は曝露反応妨害法が有効だとわかったんですか?」
と尋ねると、
「精神療法には、向精神薬を使って統合失調症の人の幻覚を消すこととか、内因性のうつ病の人の抑うつを和らげることとか、薬を使うしかない場合と、患者さんに社会生活に適応できるようにずぶとくなってもらうしかない場合の二種類しかないんですよ」
とのことでした。
上記のように、精神医学の現場では「不快だと思っている人物に触れられることによって皮膚に不快感が生じる現象が存在する」ことは、特に有名ではないようでした。いじめ後遺症の自助グループや、強迫性障害の患者会で、私の経験談を打ち明ける時の「そいつに触れられた部分に不快感が生じていたのです」のくだりでは、みんな目を見開いて驚くものでした。それに、人間生活に入るようになってから観察をしてみると「他人に急に触られるのはイヤ」と言う人は結構いるようでした。
そんな現象が世の中にあることを発表した者の責任として、本家毒の正体について私なりの結論を述べておきたいと思います。
本家毒は、皮膚の記憶だったのだと思います。私は、視覚的、嗅覚的、聴覚的、行動的オブジェクトに触れることによって記憶を蘇らせる自分の特性について記して来ましたが、触覚もまたその例に漏れなかった、ということだと思います。生物の五官の内で皮膚感覚の働きは生存確率上昇のための情報源としては地味なようですが、ちゃんと活躍しているということだと思います。

さて私は、2010年の6月中旬になると、福島の祖母宅に出かけ、前年抑えつけられていた反動によって暴走する果実酒欲の赴くままに、お酒を自ら買えるようになった年齢を携えて酒屋を回り、瓶の洗浄を手早く行えるようになったことも手伝って、米焼酎、芋焼酎、黒糖焼酎、粕取り焼酎、栗焼酎、泡盛、ジン、ラム、ウォッカ、ウイスキー、ジョージアムーン、アクアビット、ブランデー、ポートワイン、カルヴァドス、スピリタス、テキーラ、グラッパ、アラック、カシャッサ、白酒、汾酒、茅台酒、と東西南北の液面合計100リットルに梅を漬け込み、さらに盛夏には100個以上の桃と桃仁酒を消化器官に塗りこめて、ようやく私は「福島は楽しいものである」という理を取り戻しました。

社会復帰の方面のことにも進展があり、大学進学の計画は立ち消えとなりました。自分の夢のために大学進学は大した意味がないことに気づいたのです。自分の心の声に耳を傾けると、私の適正はどうも果物に触る仕事であるようで、私は将来の職業として果物農家となることを見定めました。ただ、その進路なら30代に入っても就けると思われましたので、若い間は都会に暮らして、人との思い出を沢山つくろうと考えました。
私は、職業訓練校の二ヶ月間の講習でヘルパー二級の資格を取り、新宿区内の訪問介護の仕事に就き、一人暮らしをすることにしました。訪問介護の仕事を選んだのは新宿の街を駆け回れるからでした。後に思い出して懐かしめるような光景をたくさん目に入れたかったのです。

そうして訪問介護の仕事はアルバイトでした。本業としては、私は新宿二丁目のゲイバーの店子をやりたかったのです。

〈最終章 ~螺旋の路地~〉 完

B毒の汚染 (了)

いじめ図鑑:INDEXへ戻る→

ホームへ戻る→

お問い合わせフォーム

こちらは、当ブログ全体に関する、ご意見、ご指摘、ご質問、メッセージを受け付けするメールフォームです。

「孤独図鑑・いじめ図鑑」へのご寄稿は上記フォームではありません。学校時代の嫌な思い出を小説化する最中に浮かんだ疑問、推敲に関してのご相談はこちらにお願いいたします。

 

プライバシーポリシー

以下に当ホームページのプライバシーポリシーを記載します。

【個人情報の利用目的】
当ホームページでは、メールでのお問い合わせ、学校での体験談募集などに際して、お名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。
これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、その目的以外では利用いたしません。

【個人情報の第三者への開示】
当ホームページでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。
・本人のご了解がある場合
・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

【個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止】
・ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

【クッキー(Cookie)】
・当ホームページでは、一部のコンテンツについてCookie(クッキー)を利用しています。
・Cookieとは、サイトにアクセスした際にブラウザに保存される情報ですが、お名前やメールアドレス等の個人情報は含まれません。
当ホームページにアクセスいただいた方々に効果的な広告を配信するためやアクセス解析にCookieの情報を利用させていただく場合があります。
・ブラウザの設定により、Cookieを使用しないようにすることも可能です。
・当ホームページで利用しているアクセス解析、広告サービスは以下のとおりです。
wordpress.com
グーグルアナリティクス
グーグルアドセンス

A8.net

【第三者配信の広告サービスとCookie】
当ホームページでは、第三者配信の広告サービスである「グーグルアドセンス」を利用し、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告が掲載されます。
この広告サービスでは、上記のCookieを利用することで、ユーザーが当ホームページに訪れた情報や過去他のサイトに訪れた情報に基づき、適切な広告を表示します。
Cookieを利用した広告を無効にする方法についてはこちらの広告設定をご参照ください。
【プライバシーポリシーの変更について】
当ホームページは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。
修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

【コンテンツへのコメントに関して】

当ホームページでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
・極度にわいせつな内容を含むもの。
・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

【免責事項】
当ホームページのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなってしまうことも起こり得ます。
当ホームページに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

運営者情報:立瀬マサキ

https://psychological-literature-academy-of-japan.com/

制定日:2018年3月18日

お問い合わせはメールフォームよりお願いいたします。

管理人のプロフィール

 

名前:立瀬マサキ/tatsuse masaki(ペンネームです)

経歴:1990年3月10日生まれ。高校で1人も友達が出来ず、挙句にいじめ被害に遭い、何とか卒業できたものの人間不信となり引きこもってしまうという、街頭アンケートで「人が引きこもりになるのにはどんな理由が多いと思いますか?」と聞いたら回答の第一位に出てきそうなステレオタイプな引きこもり方をした経験を持つ。

性別:男性  ゲイ(男性同性愛者)です

出身地:埼玉県

現在の住まい:新宿区

仕事:ブログ運営の他に、訪問介護+視覚障害者の方のための同行援護のお仕事をしています。

趣味:果実酒づくり、ヨーグルト作り、味噌造り、自家製酵母によるパン作り、糠漬けづくり、チーズづくりなど。今度、キムチと豆腐ようを作ってみたい。要するに発酵食品全体に興味があります。